★緊急デモ行進のご案内★

0

    歪められたうつ病治療・自殺対策
    利益のために踏みにじられた命
     
    前略
     今月に入り、米国では画期的な司法判断が続いています。日本をはじめ、世界で巨額の売上を誇る抗うつ薬パキシルや抗精神病薬リスパダール等を巡り、違法な販売促進などが認められ、メーカーが巨額の罰金/和解金(グラクソスミスクライン社2400億円、ジョンソンアンドジョンソン1760億円)を支払うことで司法省との合意が進められています。
     
     これは、巨大製薬産業が一部の精神科医と結託し、医師に金銭をばらまいて向精神薬市場を異常に拡大させ、人々の命や健康を犠牲にして不当な利益を得るという、現代精神医療産業のビジネスモデルが目に余るレベルに達し、ついに司法省が制裁に乗り出したことを示しています。
     
     米国では、この数年で大きく状況が変化しています。ハーバード大学精神医学教授が製薬会社から多額の金銭を受け取り、研究や治験を歪め、根拠のないガイドラインを作成するなどしていたスキャンダルが暴かれたことが大きな契機でした。製薬会社から金銭を受け取る精神科医が情報の隠蔽や捏造によって過剰診断、過剰投薬へと導いていた構図が鮮明となりました。
     
     ようやく反省期へと移行した米国と比較すると、現在の日本は、誤った道を突き進んでいた10年前の米国と全く同じです。日本の自殺対策のトップ(内閣府自殺対策推進会議座長樋口輝彦氏)は、製薬会社から730万円以上受け取っている精神科医であり、自殺対策を精神科受診促進事業へと歪めています。様々な研究や統計が、むしろ精神科の治療が患者を自殺へと追い込んでいる事実を示していますが、その事実は無視され、精神科受診者数と向精神薬の売上だけが異様に増え、自殺者は減らない異常事態となっています。
     
     雅子妃の主治医と知られる大野裕氏は、認知行動療法の第一人者と知られていますが、彼の普及する同療法が、薬に頼らない治療として人々が期待するようなものではないことも徐々に明らかにされています。抗うつ薬など向精神薬の危険な副作用が次々に暴かれていますが、大野氏の手法によれば、副作用に対する懸念や不安は偏見や認知の歪みと一方的に評価され、薬を服用するよう導かれることになります。情報公開により、大野医師は8ヶ月で200万円以上製薬会社から受け取っている事実も判明し、ますます薬へと誘導する認知行動療法の位置付けが鮮明になっています。
     
     マスコミに登場する精神科医は副作用を過小評価し、重大な事実を伝えません。そのような精神科医が製薬会社から金を受け取り、他の医師に「啓蒙」することで、薬の過剰処方やそのための過剰診断が広がっています。その歪みが新型うつ流行、医療扶助や傷病手当詐欺という形で表れています。
     
     一方、日本の主要な精神医学会は、製薬会社との金銭関係についての批判をかわすため、急ピッチで利益相反に関する指針作りや情報開示を進めています。今週の27・28日と都内で開催される日本うつ病学会総会でも、今回から発表者の情報開示が義務付けられています。
     
     とはいえ、日本うつ病学会前理事長の野村総一郎氏が、散々抗うつ薬の安全性を誇張し、重大な副作用はないと宣伝しながら、重大な副作用が発覚するや「当初からわかっていた」と発言した事実は消えません。多くの患者が二転三転する精神科医の主張に振り回され、悪化させられ、命を奪われてきました。虚偽に虚偽を重ねる精神医療産業の姿勢に対し、患者や家族、遺族らの怒りと不信感は頂点に達しています。
     
     先行する米国で誤りだと証明されたこの精神医療産業のビジネスモデルを、なぜわざわざ日本でさらに展開しようとするのでしょうか。それとも、米国で下火になりつつある向精神薬市場の中心を日本に置こうとする何らかの思惑があるのでしょうか。日本人が多数犠牲になってから気付いては取り返しがつきません。
     
     これ以上人々の命や人生が踏みにじられないよう、当会は被害者やその家族、遺族らと共に、日本うつ病学会に対して声を上げていきます。下記案内の通りデモ行進を開催します。当会の会員や賛同者、当事者らに限定することなく、趣旨に賛同していただける方であればどなたでも参加できます。是非ご参加下さい。
    草々
     
     
    緊急デモ行進の案内


    日時:7/28(土)午後1:30集合 2:00出発
    集合:柏木公園
    (新宿駅徒歩5分:新宿区西新宿7-13)
    目標:京王プラザホテル
    (日本うつ病学会開催場所)
    主催:市民の人権擁護の会日本支部

    当日連絡先:
                090-9844-3119       info@cchrjapan.org
     

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    • 〔聞いてください、ブラックジャック様〕パキシルを服用した後、息子が自殺した。
      つやこ♪
    • 驚愕の事実に驚嘆する来場者!続出
      管理人
    • 驚愕の事実に驚嘆する来場者!続出
      城之内真理亜
    • 9/11イベント来場者の声 パート2
      管理人
    • 9/11イベント来場者の声 パート2
      てくてく
    • 9/11 イベント開催、多数ご来場ありがとうございました!!!
      てくてく

    recent trackback

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM